かーいんのよりみち

人生はよりみちの連続。これまでに経験したことや、仕事ネタ、旅行ネタ、日常で思ったことなど雑記に発信します。

青い池に行って来たが青くなかった、時期早々に注意!

北海道美瑛町にある青い池は北海道での人気観光地になっています。

以前までは、地元住民しか知らないひっそりとした場所でしたが2012年、あのアップル社が壁紙に青い池を採用したことから知名度が上がり、今となっては北海道を代表する観光地にまでなりました。青い池の写真を見れば『一度は行ってみたい』と思うはず。北海道らしい絶景に出会えますよ。

f:id:kaaain:20170626012506j:image

 

青い池が青くない!? 時期が早かった

今回は下調べ不足で、池の水がまだ凍っていました。わたしが行ったときは4月中旬、オープンしたての頃でした。観光客も数組いらっしゃいましたが残念そうなご様子。

f:id:kaaain:20170626012753j:image

青い時に行きたかった(泣)

写真でみた青い池を想像しながら景色を楽しみました。

 

f:id:kaaain:20170627012744j:image

 

青い池の近くに流れる美瑛川は青掛かっていました。雪解けが進むとさらに青さが増してくるそうで『ブルーリバー』とも呼ばれているそうです。

青い池から車で5分ほどの距離に白ひげの滝があります。青い池に寄ったら白ひげの滝も寄りたいところです。またまた、近くに白金温泉もあります。

 

青い池の見頃

青い池は季節やその日の天気、太陽のあたり方によって見え方は微妙に変わります。一番青く見える時期は5月から7月が見頃です。後は天気次第なので綺麗にみたいならいい子にしてましょう。

ちなみに冬場にはライトアップされるそうです。

四季折々の楽しみ方がありますね。

 

青い池になる理由

青い池が青くなる原因は近くを流れる美瑛川にアルミニウムが含まれており、川の水と混ざり合いコロイドと言う物質が発生します。この水が太陽の光により反射して青く見えると言われています。なので季節やその日によって輝き方は変わってきます。

ちなみに青い池ができたのは平成元年、火山で吹き出た物を水と混ざって川に流れないようにと作られた人工物です。

 

アクセス

公共交通機関

JR富良野線美瑛駅から道北バス白金温泉行き白金青い池入り口(約25分)

本数が少ないので気をつけてください。

 

車の場合、札幌からですと旭川経由、富良野経由とあります。どちらも人気の観光地ですので季節合わせてルートを変えてみるのもいいと思います。2時間半〜3時間くらいです。

 

まとめ

美瑛町は決してアクセスはいいとは言えませんが北海道らしい絶景を見るのであれば行く価値は十分にあります。

また、青い池だけでなく、『四季彩の丘』『マイルドセブンの丘』『クリスマスツリーの木』『パッチワークの路』など見所満載の観光地です。

初夏から秋にはヒマワリやザルビアが一面に咲き、冬には雪景色に変わります。四季折々の美瑛町に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに3月から5月は花も咲いてなく、雪解けの時期なので行くなら6月からがおすすめです。